『お金について学ぶということの本質』

「お金のことを学ぼう」というと、イコール「増やす」「危険」「うちの子には必要ない」
*
うちの子は、頑張って勉強していい大学に入ってきちんと就職して欲しい。
*
と、とにかくそれだけという「昭和脳」の親があまりにも多いと感じます。
*
*
お金のことで一番初めに学ばなければならないのは「トラブル回避」、そして次に「危機管理」、その為の身を守る方法、次に避けても巻き込まれてしまったトラブルの解決方法、社会保障や労働法各種などから学んでいくべきだと思います。
*
「まず増やそう」ではない。勘違いしている親のなんと多いことか。
*
こういう本を親子で読む必要性を痛感します。人と話していると危機感を感じることは多いです。
まずは試しにでも買って読んでみましょう(^-^)。子どもが、じゃなくて親子でね。


ユーザーログイン