『海外チームはいつも開催中に制作中……』

今年のさっぽろ雪まつり、最後の投稿になります。


大通西11丁目あたりかな? でいつも開かれている、外国人チームによる雪像制作。 毎年開催中に制作中で、完成品を観たことがないんですが……(^_^;)。

制作風景も見られるって意味では、観光客にはウケるのかな?


でも毎年日本人は全員「ノーキ」を守って、外国人ばかりが「ノーキ」を守れないというのも、国際関係上イメージが非常に悪いですね。


毎年のことですから、制作側ではなく、運営側に問題があるとしか思えません……。 改善策は必ずあるはずです。


内状が分からないので、軽々しく改善策を云える立場ではないですが、制作管理、スケジュール管理のアシスタント的な人や制作アドバイザーなど、人員を少し増やすとかで対応するか、いっその事やめてしまったらよいと思います。

予算の関係もあり、人員を増やすのは大変でしょうが、出来ないものはやらない方がよいですね。


月別アーカイブ

ユーザーログイン