共同生活による自立支援について

◆ひきこもりやニートからの脱却や自立、そして将来の就職や就労のための支援をご希望の方はまずはご相談ください。
◆就労支援といいましても、総合的には自立自活支援です。


 

個人個人それぞれおかれている状況や能力、年齢や経験など違いますので、支援内容は、完全個別対応になります。
その為、スケジュールを組んだ定型のカリキュラムなどはございません。
どういう形での支援がご希望かも、もしございましたらご相談時にお伝えください。

ただ強いて言えば、多くの生徒の主な流れといたしましては、

うちは古家の一軒家で、私(齊藤宗弘)と私の父母、そして生徒たち数人とこじんまり暮らしている小さな所です。

来た当初は、うちの母の家事手伝いも一緒にしてみます。

洗濯、掃除、自分の身の回りのこと、食器洗いなど、生きていくためには就職さえ出来れば良いというものではありません。
また、一緒に作業したり、生活することによってその子の性格や作業能力、向き不向きなどが見えてきます。

そしてうちに来たばかりの生徒たちは、一般的に借りてきた猫のようにおとなしい子が多いです。
一般的に二~三ヶ月くらい一緒に生活してくると、ワガママが出てきたり、本心、本性が見えてきたりします。 どんな子なのか見えてくるにもそれくらい時間がかかる場合が多いです。

社会に少しづつでも出してよい子、すぐにでも働ける子、発達障害などがあり福祉的支援が必要な子というのも一緒に暮らして、一緒に作業をしていく中で自己理解、私たちの理解も出来てきます。

それらが判別できるようになってから、本人の希望も聞いて、軽いバイトから始めるとか、就職活動をするとか、精神科医や福祉機関などと連携して支援するなどしていきます。

以前は就労体験から始めることも多かったのですが、最近は社会的に人手不足感もあり、軽作業のアルバイトなども増えてきているので、就労体験から始める子は少なくなってきています。
しかしその子の実状に合わせて支援していきます。

「いつ頃就職して一人前になりますか?」とお預かりするときやご相談時によく聞かれるのですが、初対面で、又は子どもにお会いする前にそこまではまったく分かりません。
どんな子なのさえ、初対面ではまったく分からないのに、その後の未来まではまったく分からない中での、日々手さぐりの支援になります。
簡単な仕事ではないことはご理解ください。

そして、性格や気質、価値観、考え方、作業能力が数ヶ月で劇的に変わって別人になるということもあり得ないことだとご理解ください。
以前に働いていた事のある若者は、すぐに働けるようになる可能性がありますが、そうでなければ正規に就労できるようになるまで時間がかかる場合が多いです。
最低でも1~2年は預ける覚悟のない方のお子さんをお預かりするのはお断りいたします。

そして就職して、うちへの下宿代(生活費)を自分の稼いだお金で自分で払えるようになって、そして引越費用を貯金もして、それから一人暮らし(今は社会人下宿やシェアハウスなども充実してきておりますが)への引越しという形で旅立つのが正常な形だと思います。

数ヶ月預けて自宅に戻るくらいなら、うちには最初から預けない方がお金が無駄にならないので良いと思います。
それですぐに問題なく働けるのならば、直接ハローワークなどに行かれるか、就職相談機関に行かれるのがよいかと思います。

実際、費用面でも自分で下宿代を払いながら居続けられる金額に設定しております。
一人暮らしより下宿代の方が安く済むと思います。
ここまで低い金額でお子さんをお預かりする所は少ないと自負しております。

下宿費用

●入居費:70,800円(入居時のみ、支援開始費含む)

●下宿費月極め:70,800円(月曜から日曜まで週7日間の三食含む)
(支援費・家賃・水道光熱費・食費など全てが含まれます。 日用消耗品・嗜好品などはご自分で購入となります。(歯ブラシや洗濯洗剤等))
●冬期暖房費(11月~3月)、下宿費の他に3000円

●就労体験先やアルバイト先に行くための交通費、その時の食費などの実費はこの他にかかります。

支援費

下宿費用に含まれます。

費用とコスト・手間の関係

 一人の人間を社会人とするためには、教育には、非常に多くのコストと手間がかかります。

座学で一律生徒を座らせて先生が講義する形の学校とは比べ物になりません。また、脱落すれば中途退学になる各種学校とも異なります。
これらの実情や少人数個別対応のため、専門学校の数倍以上の手間とコストがかかることをご理解いただけましたらと思います。

それでも出来うる限り、支援費を低額に出来るように日々努力しております。

それからよく誤解を受けるのですが、当法人は国や地方自治体などから一切の助成金や補助金のようなたぐいの物を受け取っておりません。100%ボランティアの民間団体です。
費用支払いにあたりご理解ください。


ユーザーログイン