齊藤宗弘さんのブログ

『馬渕さんの世界経済分析の勉強会に参加』

J'ai assisté à une conférence de l'économie du monde.
Nous avons analysé sérieusement.
----------
*
先日は、経済アナリスト馬渕治好さんの世界経済勉強会に参加。
*
*
このコロナ禍の中で、世界経済の先行きはコロナ禍の状況次第&人々の感情の方向次第で急転の可能性もありといったところもあり、総じて長期で見れば先行き楽観なれど、目先に関してはとらえ方の難しい経済指数ばかりという気がいたしました。
*
小型株で成長性のあるところが下がったら狙うか、全体的にもし一時下がったら入るか……。 今は小型株を物色ながらも基本的にはポジションは取らない防御姿勢。
*
*
馬渕さんから貰った資料を時間のあるときにまた読み返そうと思いますが、今は手元のキャッシュ厚めでいいんじゃないかなぁと判断しております。
個人的な判断の話ですが、積み立て投資以外やることがない、無理してやらなくてもいいんじゃないかといった感じです。
*
待つのも株、株は忍耐。 焦らず焦らず。


『恵比寿駅から恵比寿麦酒記念館へ』(2020/12/27)

Je suis allé au musée de la bière "EBISU" où il y a à côté de la gare "EBISU".
----------
*
恵比寿駅に男兄弟三人で待ち合わせ。 そして揃ってエビスビール記念館へ。
*
オレと弟Aが記念館の反対側出口に出てしまい、カフェでお茶しながら正しく記念館の方に出た弟Bを待つことに。
*
なんで記念館の方に出た方が、反対側に行って、また記念館の方へ向かわなければならないのか理不尽甚だしいが、それが兄弟の力関係……(^_^;) “笑。
*
*
途中に期間限定でバカラのシャンデリアが展示してあったな。


『やっぱり福祉関係の人間は一般社会とずれてるよなぁ~と頭が痛い』

いつも通りFacebookフレンド限定公開にしようかと思いましたが、やはり参考のためブログ等にも乗せようと、話をぼかして書くことにしました。
*
*
障害者支援をしている人でまともな人も大勢いるのですが、中には変わった人もこれまた沢山おりまして……「どうしてこんなに人間の言葉や常識が通じないんだろう」と思うことが度々あります。
*
そういう場合、その機関又は団体、法人そのものが全体的におかしいということが多いです。
*
*
まぁ、その話はちょと置いておいてセクハラの話をします。
*
*
少し以前の話になりますが、うちの生徒(障害者)が就労先の女性を好きになって、言い寄り、相手の女性の仕事の支障にもなって迷惑だという話になりました。
*
職場では上司が、それはセクシャルハラスメントだということで当事者と話し合ったそうですが、残念ながら根本的解決には至らず、障害者支援先に相談がいったようです。
*
それで、複数の関係機関と私が呼ばれたのですが、呼ばれて行って驚きました。
*
関係機関の人間のうちの数人が「相手の女性の部署移動とか出来ませんか?」という解決方法の提案をしてきたからです。
*
*
それってセクハラの上にパワハラじゃないんですか??
*
相手の女性が飛ばされる理由ってなんですか??
*
*
慌ててその解決方法はあり得ないと話を遮りました。
*
*
お次は「事情を本人から聞いて話し合う」という理由で、たくさんの人間と上司がいる中にうちの生徒は一人事前通達もなく突然呼び出されました。
*
*
これって公開処刑だよね……。
*
*
セクハラといっても結果的にそうなっただけで、当事者に悪意はまったくなく、対人関係や社会経験の未熟さが原因なので、色々と落ち着いて話し合って状況を理解させ、行動を改善させる必要がありました。
それだけで解決するはずだったんです。(実際それだけで解決しました。)
*
*
落ち着いた場所で静かによく話し合う必要がありました。
*
しかし、公開処刑の場に居合わせると、私と生徒ととの間の信頼関係が壊れると判断し、急いで私はそこから退出して帰りました。
*
後から聞いた話では、やっぱりそこに突然呼び出されたうちの生徒はパニックになって奇怪しくなったそうです。
*
プライバシーも完全ゼロですね。 これで落ち着いて客観的に状況を理解しろという方に無理があります。
*
*
幸い、就労移行事業所のベテラン職員さんが、事業所の方にうちの生徒を連れていってくださって、なだめて落ち着かせてからうちに帰してくれましたが、そうでなければどうなっていたことやら……。
*
*
生徒が障害者だと、障害者支援の各種機関と連携を取らざるを得ないのですが、行政に関係している機関だとこちらが相手を選べないし、民間事業所でも担当がコロコロ変わる上にまったく責任を負わないで勝手なことを言ってくる場合も多いですし……頭を抱える場面も多いです。
*
長年一緒に生活しながら家族ぐるみで支援しているうちにとっては、空理空論で仕事をしている頭の中がふわふわしている人たちとは関わりたくないのですが、やむを得ない場面が多々あります。
*
こっちは責任を負って真剣にやってるんですが、関わりたくなくても関わらざるを得ず……。 当事者の問題以上に周辺支援者に問題があるとか、親に問題があるということも多いですね。


ユーザーログイン