齊藤宗弘さんのブログ

『姪っ子と回るお寿司屋さん』

Je suis allé au restaurant de sushi avec ma nièce.
----------
*
先日は、姪っ子と回るお寿司屋さんへ。
*
回るお寿司屋さんといっても、コロナ禍対策でお寿司は回さないということで、全部パネル注文。
まぁ、北海道の回転寿司屋さんってほとんどお寿司回さないよね。
*
*
姪っ子がトリトンに行きたいと言ったので来たのだけれど、初トリトンだと言っていた。
トリトンは北海道北見市に会社のあるお寿司屋さんで、東京にも店舗がありますが、回るお寿司屋さんの中では結構評判のよいレベルの高いお寿司屋さんだと思います。
*
*
でもなんか結構遠慮して安いネタばかり食べていた気がする……昔は全力投球の遠慮なしで一番高いものから食べていたのに “笑
*
大人になったのか? むねくんと食べるときは、遠慮はいらんのに。。。


『東京の個人投資家の方々とランチ』

J'ai déjeuné avec les invesstiseurs privés à Tokyo.
----------
*
先日は、東京にて個人投資家の方々とランチ会。
*
色々な話が出ましたが、うちのじーちゃんが徴兵されて支那事変に行った話が若い人に通じなかった……。
*
今の若い人は「支那事変」と言ってもその言葉自体知らないんだなと…。 歴史を知っていれば当然知っているはずなのだけれど……日本は近代史の扱いが難しくて学校でもなかなか触れないからねぇ。 それか日教組系列などの左翼がめちゃくちゃなウソを教えるか……。
*
*
歴史上の事象にどういう名前をつけるか、つけたかは結構大事なことだと思っています。
*
支那事変は、日本の当時の腐った軍部の中身を知る上で覚えておいた方がよい名称だと思う。うちのじーちゃんは、二度徴兵されて二度も戦争に行ったけれど、酷い目にあって帰ってきた。
*
当時軍閥割拠の中国では統一政府はなく、当時の混沌とした情勢は中国共産党に無理やり押しつけられた「日中戦争」という名称も体を表していないと思います。後付け過ぎる名前だわ。
*
ノモンハン事件も日本、ソ連側やモンゴル、中国などでそれぞれ呼び方が違いますし、そりゃあ立場も受け取り方も見解も当然異なってくるわけで……ハルハ河の戦闘とかハルハ河戦争とか呼ばれていますが、それぞれの名称と中身を知っておくことが実態を知る上でも大切だと思う。
*
大東亜戦争を無理やり太平洋戦争に名称を変えられた意味も知っておくべきだと思うし。
*
*
と、投資とまったく関係ないことを書いてしまいましたが、その場での話は投資の話で盛り上がり、楽しい食事会でした(^-^)♪


『胃も心も落ち着けないとね』

Je suis allé au café...
----------
*
ちょっと油断すると胃も身体も心も疲れ切る(^_^;)。
*
ここ数年、毎年31日は落ち着いた時間があったので確定申告のためのデータ入力に時間を使っていたが今年は一切出来ず……。
*
なんとか時間を作って今月急いで経理やらないと~~~ "汗


ユーザーログイン