齊藤宗弘さんのブログ

『日本酒みずとりにて一杯』

J'ai dîné au restaurant d'un ami.
----------
*
先日は、先輩のやっている和食屋さん「日本酒 みずとり」にて夕食。
*
お酒も肴も魚も、その他色々と美味しいものばかりでした(^o^)v


『うちの生徒たちも地域の役に立っています』

先日、うちは家族全員で民生委員をしているようなもんだと書きましたが、うちの生徒たちも含まれます。
*
*
うちの生徒たちは現在、既にフルタイムで働いて自立した生活をしており、生活費も親に頼らず自分で支払、お金を貯めながら次のステップを目指しています。
*
うちはニート・ひきこもりの自立支援をしておりますが、支援期間は長いです。
人間一人で生きていけませんし、働き始めれば即自立というものでもありません。 働き始めてからも色々と悩みや問題は尽きず、その中で親には頼らず少しづつ自立への道を歩んでいきます。
*
ですから、親のお金に頼る期間が短くとも、うちに下宿している期間は自然とある程度長くなります。
これもすべて親に頼らないためです。
*
*
うちの生徒たちは、現在全員働いているので、平日の昼間などは雪かきなど出来ませんが、仕事から帰ってくると雪かきや家事手伝いなどよくしてくれています。
*
近所の高齢者宅の雪かきもちゃちゃっとやってくれます。
*
*
先日もいつものごとく生徒が雪かきをしてくれていたのですが、ご近所のお年寄りが倒れているのを発見しました。
*
家の車庫からちょっと重いものを家の中に運ぼうとして倒れて起き上がれなくなっていたみたい……。
*
夕方に雪の中ですから、うちの生徒が見つけて助け上げなければ凍死していたかも……。
*
うちの母もいたのですが、母も身体がちょっと不自由でお年寄りといっても大柄な男性でしたら助け起こすのは不可能。
*
なんとかうちの生徒が助けて家の中まで運びました。
*
*
日頃から人のお役に立っていますが、こういう日もあります。 とにかく役に立って、ご近所さんも無事で良かった。


『帝都動乱』

Nous faisions le coup d'État, le 26 février 1936 à Tokyo.
----------
*
2月26日、札幌はしんしんと雪が降っています。
*
この日に雪が降ると、我々青年将校が1936年2月26日に決起した当時を思い出します(二・二六事件)。
*
我々の血気盛んな青春時代のお話です。 皆さんはまだ子どもだったかな?


ユーザーログイン