『まぼろしのカニ、どうまん蟹を食した浜松での会食』(2016/06/25)

Mes frères et moi, nous avons mangé deux crabes qui s'appelle "Douman-Gani"du lac Hamana. Ce crabe est la valeur due à la rareté et coûteux, donc je les avais réservé au restaurant.
C'était vraiment délicieux !!  Nous en avons mangé en buvant du saké de cette région (Hamamatsu).
C'était très bonne soirée (^-^)v
----------

魚介類関係のサイトなんかに 「漁獲量が少なく、流通することは希。国産は非常に高価」 と書かれている浜名湖の「どうまん蟹」。

前々からの予約でなんとか二杯手に入りました(^-^)v


浜名湖では名産でもあり、知る人ぞ知る有名なカニです。 高知県やその他の地方でも少量捕れるらしいです。


浜名湖が日本最北の棲息地で、関東ではやっぱり浜名湖の「どうまん蟹」が有名らしいです。 高知県では「本がに」、高知市では「真がに」と呼ばれていて、いちばんうまいカニということで「本」や「真」がついたのだろうと他のサイトで読みました。


浜名湖では「どうまん蟹」と呼ばれていますが、各地方で呼び名があり、ワタリガニ科のトゲノコギリガザミの一種らしいです。
でも捕れる地域によっては泥臭いこともあるそうです。 不思議で難しいもんですね。


脚は細いのでしがんで食べました。爪の所はお肉がいっぱい。 中身も濃厚で旨かったなぁ~(*´∀`)♪


兄弟三人で仲良く分け合って、地元浜松の地酒を色々と呑みながら、カニと酒で夜を楽しみましたよ!

それ以外にも色々食べたのだけれど、長くなるので続きはまた次回~♪


ユーザーログイン