ブログ - 6月 2015

『小ぶりなキンキがおもとめやすいお値段でした』

J'ai cuisiné des poissons pour mes parents et moi.
----------

先日は、お魚屋さんでキンキがたくさん並んでいました。 しかも、いつもよりおもとめやすいお値段です。

小ぶりでしたが、煮付けにいいと買って帰りました。


味付け大成功した!!

めちゃ美味しゅうございました(*^o^*)。


『夏といえば雲丹でんがな!』

Je suis allé au restaurant avec une amie. J'ai mangé des oursins très frais avec du champagne.
----------

先日は、お気に入りの食べ物屋さん、大三坂で友人と食事。

夏といえば、6月~8月漁解禁のウニでんがな!
これとシャンパーニュとの組み合わせが最高(*^o^)。

それと道産黒毛和牛 トモサンカクの煮込みがめちゃ旨かった! ローストしたお肉もね!


めちゃ幸せな時間でした(*^o^*)。


『フランス語学校で木版画展』

Il y avait une exposition de la gravure sur bois dans l'école du français.
----------

現在はフランス語学校での春学期が終わり、二週間ほどのお休み中です。
また再来週だっけ?から夏学期が開始されます。

その学校で、星野修三さんという方の木版画展が開催されておりました。
ファンタジーな感じの木版画ですね。

お休みの間も少しは勉強したいなぁ~。 サボらず出来るかなぁ~。


『映画:「新宿スワン」を観てきました』

Je suis allé au cinéma. J'ai vu un film japonais.
----------

先日は映画、「新宿スワン」を観てきました。
大好きな漫画が原作です。

感想はね……、おサムライやちょんまげ、刀に憧れた外国人が撮った、ヘンな時代劇って感じかなぁ~。
いやね、知らないで作った違和感がありすぎなんですよ。

原作者の和久井さんは元スカウトマンで、その経験を元に描かれていますからめっちゃ話がリアルなんです。
いっときしかなかった歌舞伎町のスカウト黄金時代を生きてきたからこそ分かる、その時代の空気を描けてるんです。
だから共感できるし入り込める。


でもね、映画監督さんとか脚本家さんたちは、シロウトさんじゃないですか……。
だから知らない世界を空想、想像でえがき出してるんですよ。

その時代の空気感がまったく分かってないからどうしようもない。。。

スカウトマンの上級幹部や風俗店経営者が、風俗嬢をどういう目線で見ていたかも分からないから、シロウト目線の想像でちんぷな話になるんです。
まったくあり得ないチープなお話になってしまいました。


当時の歌舞伎町を知る人間や風俗業界の空気を吸った人間からしたら、ありきたりな素人の思い込みと貧相な想像に苦笑してしまうと思います。
非常にちっちゃい変な映画に仕上がりました。

伏線もあったんですが、続編が出来てももう観に行かないと思います。


それにしても、素人さんの風俗業界に対する想像って浅いよね。

風俗嬢 = 商品
という図式は買うお客さん側の目線な訳よ。
それと業界側でも下っぱの人たちね。

経営者側からすると金融資産なんだけどな~。
しかも耐用年数がめっちゃ短いのに流動性が意外に低いから、リスクの高い危険な不動産といってもいいよ。

風俗嬢 = 不動産
なわけよ。

って分かんないかな?

そこにある程度の流動性を持たせた上に、資産価値に目をつけて安定利益を上げ始めたスカウト会社の経営者は天才だと思う。
金融知識がなくても、商品売買と資産運用の違いを嗅ぎ取ったんだよね。
スカウトマンの給与体系にはホント感心する。 ネットワークビジネスも真っ青。


それを映画では、風俗嬢は水商売よりずっと格下で可哀想な存在。 人間なのに商品なんです。 って描くからおかしくなるんだよ
そもそもの根底的価値観に齟齬があるわけよ。
そしてカタギの監督さんたちには一生理解できないのかもしれない。 もうその時代は過ぎ去ってしまった訳だし、頭で考えても分からないと思う。


『もっと物事を、全体のボリュームとかパーセンテージで考えないといけんと思う』

金利とか利回りについて、もっと体感的に身に付くように訓練せなあかんと思って色々と書籍などを探したんですが、なかなかないもんですね。
古本では見かけるんですが、新刊がどんどん出てくるような需要はないようです。

でもみんなもっと学んだ方がいいと思うんだよなぁ~。 簡単で体感的な分かりやすい本がでないかな。
みんな分からないからリボ払いはお得とか、そういう情報ばかりが入ってきて脳のバランスが悪いんだと思う。
複利計算とか出来るはずなのにしようとしない人が多いよね。


そんな訳で、金利計算マニュアルという本を読んでみました。
でも結構難しくて……僕、すーがく苦手やし……("_"

その上、金融商品に関する知識がある程度ないと、まったく分からないと思います(^-^;

でもやっとのことで読了。
一通り読んでから興味あるところを読み返してみると、色々と更に理解できた感じがします。
勉強になりました。


利回りを長期で理解するというだけではなく、もっと物事を全体のボリュームとか、パーセンテージで考えられる人間になりたいです。
物事を、もっと全体からの割合という目線で意識して生きていくと、またまったく違う世界が見えてくると思うんです。
数字を見て感性で判断していても……それだけじゃね。


それを踏まえて、常に20年先を考えながら生きていきたいと思っています。
最近の経営者は、目先に囚われ過ぎてる人が多いような……。

長期計画で5年先とか?
そりゃ他人に発表するにはその程度かもしれないけれど、脳の中はそれじゃダメだよね。


おいらが理想とするのは、5年以内が目先、5年以上でやっと中期、長期は20年先を見据えるのが理想です。
常にそうやって思考していかないと、世の中の変化やその対応に追いつかないと思う…。

60歳になっても20年先、80歳になっても20年先を見て生きていきたいです。
次の世代も見据えてね。


それらを踏まえた上でのパーセンテージかなぁ~。

まぁ、まだまだこれから少しづつ成長していきたいです。


『シャサーニュ・モンラッシェって発音しにくい…』

J'ai bu du vin "Labouré-Roi Chassagne Montrachet 2011"
----------

ラブレ・ロワ社のシャサーニュ・モンラッシェ、2011年物。

シャサーニュって発音難しくないですか? 僕はいつも間違って、サシャーニュって言っちゃいます(^o^;
ゆっくりじゃないと発音できません……("_"

ワインショップでの価格は、だいたい9000円前後くらいでしょうか。
少しとがっている辛口というイメージでした。 料理の合わせ具合によって生きてくるのかもしれませんが、単品では飲んでいて少しつらい感じです。

もう少し樽香がきいていて柔らかい方が僕は好みかなぁ~。
それか若すぎるからもっと寝かせるとか? ぶっ壊れるの覚悟で今度はデキャンタージュしてみるかな。


輸入元がサッポロビール株式会社なので札幌で取り扱いが多い?


五千円台でもっと美味しいワインがたくさんあると感じました。


『お家賃を払わないので退去していただきました』

Un couple de corbeaux a fait leur nid sur un arbre de mon jardin. Mais, ils ne me paient pas le loyer !!
Expulsion du locataire !!
----------

お庭の木を切り倒す前の話ですが、カラスが最近うるさいなぁと思っていたら、うちの庭の木の上に巣作りをしていました(^o^;
どうもつがいの新居のようです。


うちの入居条件は、

1.近所付き合いがきちんとできて、騒音を立てない迷惑をかけない方
2.安定した職業についていて、毎月きちんと家賃を払える方
3.一定以上の年収のある保証人を二人以上用意できる方

です。

しかし……、

1.毎朝めっさうるさい。
2.無職、無収入。 敷金すら払ってくれない。 しかも戸籍もなくて前住所も不明。
3.保証人なし。

なので、残念ながら退去してもらうことにいたしました。


まず退去要請をしましたが、まったく聞き入れません。 むしろ逆に、カーカーめっさ抗議してきます。
しょうがないので司法書士さんに頼んで、明け渡しの内容証明を送付しました。 しかし、返答はありませんでした。
もう最後の手段で、裁判所に申立をして裁判ということになりました。 しかし、相手は出廷すらしません。。。

それで裁判所の方の立ち合いのもと、強制執行と相成りました。


写真ではちょっとボロボロになりましたが、しっかり作られた巣でしたよ。 どこから盗んできたのか、針金のハンガーも3~4本使っていました。 床はメッシュ張りで……豪華やね……(´Д`;


強制執行後も毎日来て、めっさ恨めしそうにカーカー騒いでいます。
でもね。 お家賃しだいやね~♪ 無職はダメだね。

可哀想だけど、別の所で暮らしてね(^-^;


『映画:「和食ドリーム」を観てきました』

Je suis allé au cinéma. Le sujet de ce film est une histoire de la cuisine japonaise pour les étrangers.
----------

先日は映画、「和食ドリーム」を観てきました。

監督さんが日本人で、和食の海外普及に尽力した方々のドキュメンタリー映画とのことでした。

でもね……めっさ坦々とした展開で、寝ました…(-.-)Zzz・・・
起きていられなかったです(^_^;)


非常に立派な方や、ご苦労された方などが出てきて、その方々の人生には敬意を表しますし尊敬しますが、とにかく展開が平坦で、しかも話が取り留めもなく散漫に飛ぶから、非常に根気よく観ないといけない映画でした。

それと完全に海外向けです。 ナレーションは英語で日本語字幕です。


アメリカ人の撮った「すきやばし次郎」のドキュメンタリー映画、『二郎は鮨の夢を見る』も坦々としていましたが、外国人向けに作った和食紹介映画は僕には向かないみたいです……。

日本で普通に和食やお寿司に関する本を読んだり、テレビでの特集を見た方が楽しめるし勉強になりますね。

日本のお出汁をテーマにした映画もこれから上映されるんですが、観に行くのはやめることにしました。


もう和食をテーマにしたドキュメンタリー映画は観に行かないだろうなぁ。。。これで最後かも?

ドキュメンタリー自体は嫌いじゃないんですけどね。


『北海道神宮のお祭り行列に出会いました』

Ii y avait une fête du Shintô de temple Hokkaito.
----------

昨日は映画を観に行ったのですが、その帰りにすすきので北海道神宮のお祭り行列に出会いました。

それで一時通行止めになったのですが、その間の後ろに立っていたアホゥなギャル二人の会話が面白かった(^o^;


ギャルA子: 「コレぜんぶ、ほっかいどうじんぐうの人なの? おーくね?」

ギャルB子: 「こんなにいるはずないじゃん。 ボランティアの人たちだって」

ギャルA子: 「ボランティアって、ウマ引いてる人とかもいるよ。 みんなしてこんなことしなくね? 暑くね?」

ギャルB子:「なんだろうね? それより早くわたりたいわー」


氏子って言葉、知らねぇだろうな……(^-^;

というか、お祭りってなんなのかも知らないか……。


『暑くなってくると豆太の冷や奴!』

J'ai mangé du tôfu frais ce qu'un ami a produit, et j'ai bu du saké froid. C'était très bien en été (^o^)v
----------

最近また暑い日も出てきましたね。

そういう時は「豆太」の冷や奴と旨い冷酒 !!

気持ちいいね(^o^)v


そういえば最近岡内さんに会ってないなぁ~。 元気かな~?


ユーザーログイン